2013年 11月 12日

【再掲】 雪晴レノ146kp

「秋の石北臨貨を撮ったならば冬カットも撮らねば」
そんな義務感にかられ、またラッセル撮影のついでに計画を組み込むのでした。


前回の反省を踏まえ、念入りな準備をして目指すは146kp。
幸いなことに踏切まで除雪されていたので、そこからはカンジキを装着し雪中行軍。

-20℃近い雪道をザクザクと進むこと40分、憧れの146kpは晴れていた。
逸る気持ちを抑えきれずに機材を構える。寒さのせいか、デジのダイヤルがあまり言うことを聞かない。
67は電池をカイロで温め続けた。こういうときのフルマニュアル機は頼もしい。

やがて遠くから聞こえるエンジン音。電池を入れ臨戦態勢を整える。
今日は何号機が来るだろう?
期待に胸膨らませていると、カーブの影からDDが姿を現した。

2012.2 石北本線 生田原~金華  by PENTAX 6×7

牽引機は今は亡き1056号機でした。(番号見えないですね笑)
通過後は雪山で1人雄叫びをあげてました。
しかし…1056が来るとわかっていたならもっと大きく撮れば良かったorz


[PR]

by torinosu_no_kagi | 2013-11-12 02:39 | 石北本線


<< 【再掲】 薄曇リノ150kp      【再掲】 白滝発祥ノ地 >>