2018年 04月 14日

光ヲ浴ビル北斗スラント

こんばんは、鳥の巣です。
金曜日です。(既に土曜日です笑)
最近、一週間が早く感じます。

前回に引き続き、北海道遠征の記事を。
雪の北斗を撮影した後、赤熊貨物などを撮りながらメインの被写体を待っていました。
先程のような豪快な雪煙と共に収めたい・・・
そんな期待を胸に待つことしばし。
現れたターゲットは、先行する貨物の影響を受けノロノロ運転でやってきた。
これでは雪煙は上がらない。平凡に通過していく列車。
このままでは終われぬと早々に機材を撤収し、道央道を南下した。

列車の遅れも相まって、なんとか先回りすることができた。
駒ケ岳を入れるのが定番の撮影地だが、あいにく空は雲量が多い。
ならばと思い切って望遠を構える。
重たいレンズに腕が悲鳴をあげ始めたあたりで、スラントに青いヘッドマークを掲げた臨時北斗が、
偶然抜けた雲間から差し込む光を浴びた。


2018.2 函館本線 大沼~仁山 by Nikon D500


駒ケ岳は見えていたし、大沼も凍っていたので、雲が多かったとはいえ
列車メインで撮るにはちょっと贅沢だったような気がします。
・・・ので、欲に弱い私は手持ち二刀流で広角のカットも抑えました(大笑
しかし結局大したカットではないんですよね(笑)わかっていましたとも。
随所にアラの見える秘蔵カットは何かの機会にご紹介できればと思います。

[PR]

by torinosu_no_kagi | 2018-04-14 03:07 | 函館本線


     北斗ガ雪ヲ舞イ上ゲテ >>